夫の変化

モラハラ、パワハラ、世間が騒ぐ話題も耳に入ってきますが、
暴力を受けた経験はありますか?

実は、結婚後、子どもが生まれてからは、
何度か夫から殴られたことがあります。
普段はとても温厚な人でおとなしい人なのですが、私に暴力をふるっていました。

私自身は、父親が職人気質の頑固親父で、
まだ体罰がしつけだという考えが根強く残っていた時代。
子どもの頃はよく怒鳴られ、叩かれ、
押入れに閉じ込められたり、
お仕置きを日常に受けていました。

その経験もあってか、
夫から暴力を受けた時に、
逃げようとか、別れようとかいうような発想はなく、
”私の何がいけなかったのだろうか” とか、
悔しくて悲しかったものの、
”夫がなぜ殴ったのだろうか” とか、
そんなことを考えていました。

そして・・・
不満がお互い爆発し、私は泣き腫らしているのに殴られる、
その繰り返しを止めることができました。

モラハラ・パワハラの夫が変わったのです。
あたり前に続いていると思っていた夫婦生活30年間は、
こうして改めて振り返ると、多くの出来事がありました。
その経験から私がお伝えできることもたくさんあります。

自分の人生を諦めなくていいのです。
変化を恐れなくていいのです。

夫婦添い遂げるのも、
新たに一歩を踏み出すのも、
選択は一つや二つじゃないのです。
選択に正解も間違いもないのです。

あなたをハグでぎゅっと抱きしめて
滞った氣を流します。

今からでも何も遅くはないのです。
あなたに、そして周囲に
変化を起こしていきましょう。

関連記事

幸せのカタチ

氣は心 病後のコミュニケーション

シアワセの循環

シアワセのバロメーターは?

気持ちを込めて笑顔を

結婚30年