まずは 自分を愛する ということ

こんにちは、
ハグヒーラーの山本瑠璃です。

「したいこと」と、「しなければならないこと」

何かをする時、「したい」と思っていることであっても
それをするのが初めての時とか、
周りに反対されるだろうなと思える時って、
自分で言い訳を作り出して、
「したいのよ、だけどね、」そう言ってしまう時って、
私にはこれまでも、
今でも、いっぱいあります。

うまくできなかったらどうしようとか、
間違っていたらどうしようとか、
起きてない未来をあれこれ心配して、
やっぱりやめたほうがいいかなとか、
乗り越えなければならない問題が山積しているかの様に思えたりして、
色々考えてしまって行動できなくなっちゃう。

そんな躊躇を繰り返していても、
実は「人生は有限」
そんな当たり前のことに気づいたのです。

自分は
何ができるとか、
何かをやってきたとか、
何がしたいとか、
どうなりたいとか、

何からどう始めたら、
そんなことが見えてくるのかすらわからなくて、

自分が何もできないつまらない人だと思えてきたりして、
立ち止まってしまったのです。

しなければならないことばかりに気を取られ、
したいことがわからなくなっていた状態でした。

何から始めたらいいんだろう。

がむしゃらに動いてみても何か違う気がしたし、
じっとして考えるだけでは何も変わらないと思ったし、

まずは何を始めたらいいんだろう・‥
=まずは自分を愛することから=

自分を好きになることができていなかった私は、
どうやったら自分が好きになれるのか、愛せるのかわかりませんでした。

それには、自分を満たしてあげることから。

そう言われても、どうやって満たすのかもわかりませんでした。

何の取り柄もない
特技もない
社会に貢献できるものもない
自分で自分のことが好きとは言い難かった私。

 

だけど、落ち着いて周りを見渡してみたら、

愛し愛されてパートナーになった夫。
私たちのところへ生まれて来てくれた子どもたち。
君がいてくれて助かったよと言ってくれた職場の人たち。

そして、ネットを通じて出会ったのは、

「あなたのすごいところは、こんなところ!」
と、言葉にして伝えてくれる人たち。

悪いと思っていた部分も
悪いことではなくて、
個性だと受け入れてくれた人たち。

出来ないと思っていたことは、
生まれながらにして特性があって、
苦手なことを努力で何とかしようと
”しなければならない” と、無理をして、
自分に蓋をしていただけだった
と気づかせてくれた人たち。

・好きな時に(=時間の自由)
・好きな場所で(=場所の自由)
・好きなことを(=仕事の自由)
・好きな人と(=仲間の自由)
・好きな人のために(=顧客の自由)

という5つの『好き(LIKE)』を
手にした生き方を実現されている方との出会い。

自分のこれまでの固定概念が外れ、
したいことの世界で生きていけるなんて、
ワクワクする感覚、
それを呼び戻してもらった感じがして、

行きたかったところへ行き、
観たかった景色を観、
感じたかった風を感じ、

「幸せだなぁ」
と、満たされたきもちになったとき、

自分を好きになるって、

幸せだと感じる心をいつも持っていられる
そんな自分が いいね! と思えている。

これも自分が好きってことなのかな、

生きているということに、
不安や恐れがなくなっている
そんな未来を創りたいかに想いを巡らせ、
今、何を大切にしたいか、
今、どんな行動をしたいか、
未来に繋がる今を生きることが出来始めた。

そんなことを感じながら、

「だけどね」という言い訳をし始めそうな自分がいたら、
ぎゅっと自分をハグして、

『大丈夫だいじょうぶ』
と声をかけてます。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

自分スタイル センサー

ハグの効果

ハグの効果

百聞は一見に如かず

未来の姿は?

したいことを出来る

したいことを出来る……してもいいんだ!

NO IMAGE

自分が自分の人生の主人公